施工管理は需要があるの?

施工管理という仕事は、普段あまり目や耳にしないので、知名度は低いかもしれません。

しかし建設現場には欠かせない重要なポストとなりますので、求人は意外と多いです。

・施工管理の需要について

施工管理は正確には、施工管理技士といいます。

これは国家資格が必要で、国家試験に合格して初めて施工管理技士の資格が取得できます。

求人を見つけても、国家資格を持っていないと施工管理の仕事はできません。

需要については、今全国で様々な建設現場がありますが、その現場のほとんどに施工管理技士が必要となりますから、工事がある限り施工管理技士の需要もあります。

ビルやマンションなどの工事が行われている場所には、必ず施工管理技士が必要ですから、不在では仕事が成り立ちません。

・施工管理の仕事

施工管理の仕事は、広範囲に及びます。

建設現場で働く職人や技術者が安全に働けるよう、安全管理をするのも施工管理技士の仕事です。

工事には必ず日程がありますので、スケジュールに合わせて作業が進んでいるかどうかの確認や管理も施工管理の仕事です。

当然期日があるので、それまでに仕事が終わっていないと、施工管理技士の責任となってしまいます。

もっと具体的な内容が知りたく、実際に施工管理士にお話を聞いてみました。

インタビュー記事はこちら⇒【施工管理士に聞く!】 施工管理士って、どんな仕事?

・まとめ

施工管理の仕事は主に工事現場中心になりますが、デスクワークもあります。

つまりやる事は山ほどあるので、それを管理出来る能力も求められます。

知識や現場での実務経験も必要なのは、全てを把握している必要があるからです。

資格取得までには時間がかかりますが、需要は高いでしょう。