施工管理の仕事とはどんなもの?求人を見つけよう

施工管理の求人を探す時は、ネットを利用すると便利です。

あまり知られていない仕事ですが、施工管理は工事現場には欠かせない仕事です。

・施工管理とは?

施工管理というのは、建設現場や土木作業現場など工事をする時に、現場で様々な管理をする仕事です。

工事にもいろいろな種類がありますが、ほとんどの現場には施工管理が必要です。

例えばビルやマンションなど、大きな建物を建てる時には、工事に慣れている職人でも常に危険は伴います。

施工管理は、建設現場で働く人たちが安全に仕事が出来るよう、管理するのも仕事のうちです。

工事の規模が大きくなるほど、施工管理の責任も大きくなっていく傾向があります。

・施工管理は誰でもできるの?

施工管理の仕事をするには、施工管理技士という国家資格が必要となります。

国家資格にも2級と1級があり、それぞれに試験を受けるための条件がありますので、施工管理の仕事をするには、資格が必要です。

つまり、施工管理の求人で高条件のものがあっても、資格が無い人は施工管理の仕事はできません。

施工管理技士の資格には、2級と1級がありますが、最初に2級を取得しておかないと、1級の試験は受けられません。

さらに2級を取得してから、1級を受けるまでに勤務実績を積む必要があるため、すぐに資格を取得する事はできません。

・まとめ

施工管理の仕事をするには、資格が必要です。

求人を探す前に、募集条件をよく確認しておく事も大切です。